通院困難な高齢者のサポート

通院が困難な高齢者をサポートする方法とは?

通院が困難な時に使える介護タクシー

1人で通院することが困難な場合、家族に通院の付き添いや介助をしてもらわなくてはなりません。
公共交通機関を利用して通院に付き添ってもらったり、車で送迎してもらうといった方法があります。

交通手段で困っている場合や、寝たきり等で通常の車両では移動できない場合には、介護タクシー、福祉タクシー、民間救急車などの福祉車両があります。
介護タクシーは、乗務員が介護福祉関係の資格を持っている場合には、送迎以外にも外出の準備、車への乗降介助や受診手続き、診療科までの介助をお願いすることができます。
介護タクシーは一定の条件を満たせば介護保険が適用を受けることができます。
また、車椅子やリフト、ストレッチャーなどの装備のある福祉タクシーや、看護師や医師の添乗を依頼することもできる民間救急車は、介護保険の認定を受けていなかったり条件を満たしていない場合でも利用することができます。

様々な理由により、通院に家族が付き添うことができない場合には、民間企業のサービスによる通院の付き添いや介助サービスがあります。この場合も介護保険の適用には条件や制限があります。
自費で受けることのできる介護保険外のサービスもありますので、ご利用を検討される事業所のケアマネージャーに相談されるとよいでしょう。

自治体によるサービスもあります。
市区町村によって内容は異なりますが、要支援または要介護認定を受けておられる方に対して福祉車両の利用を助成しているところもあります。
また社会福祉法人によってはボランティア等が外出支援サービスを提供しているところもあるようです。
お住いの自治体や社会福祉法人に一度ご確認されてみるとよいでしょう。

トップへ