>

通院の負担を軽減するサービス

通院介助の負担を軽減する介護タクシー

介護タクシーは訪問介護の一つである「通院等乗降介助」を行うことのできるサービスです。
介護保険の適用となる対象者は、自宅もしくは有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅で生活していて、自分で運転したり公共交通機関を一人で利用できない、要介護1以上の方です。
担当のケアマネージャーが通院等乗降介助が必要であると判断した場合で、ご利用の訪問介護サービスと契約のある介護タクシー事業者であること、介護保険で定められたサービスの範囲内であることなどが利用の条件です。

利用の際はまず、担当のケアマネージャーに相談してください。
介護タクシーが必要との判断が出たら、介護タクシー事業者と契約を結び、介助の内容や同乗者、利用目的、利用日時などを相談します。

利用の料金は、タクシー料金と介護報酬(一部負担金)になります。タクシー代は業者によって異なり、介護保険の適用はありません。

介護保険外の介護タクシー

ここまで述べてきた介護タクシーは「介護保険介護タクシー」で、乗務員は介護初任者研修以上の資格者で、介護保険が利用できます。
利用目的は主に病院への送迎、乗降の介助です。

介護保険の適用されない介護タクシーは「福祉タクシー」とも言い、身体が不自由な方の外出時の移動をサポートする福祉車両です。
福祉タクシーは通院以外の目的でも利用ができます。
福祉タクシーは、乗務員が介護士資格を持っていなくても運営することができますが、身体介助はできないため、乗り降りの際は家族や付き添いの方がサポートする必要があります。
利用目的は病院への送迎のみで、介助はありません。

ただし介護保険介護タクシーも介護保険の適用を受けず全額自己負担すれば利用目的に制限はありません。
介護保険が利用できる介護タクシーかどうかは、事前に事業所に確認を取っておくとよいでしょう。


この記事をシェアする

トップへ