>

介護保険サービスの通院介助、その利用の制限とは?

病院内は保険適用外ってどういうこと?

介護保険で通院介助を受けられることになっても、病院までは付き添うことができますが、診察に同行はできません。
なぜなら院内は介護保険適用外となっているからです。
通院介助は診察や待ち時間、また電車に乗っている間の介助の必要のない時間に対しては報酬がありません。
保険請求ができないため、院内介助や診察の付き添いをしても事業所は無報酬ということになります。
先に述べてきた介護タクシーの通院介助も同じで、自宅での準備から乗降介助、移送、病院での受付、受診料までの付き添いはしてもらえますが、診察の付き添いまではできません。

訪問介護の事業所や施設によっては、時間内であれば無償でサービスを行っているところもあるようです。

院内介助は病院に依頼できる場合もありますが、診察室に同行して、診察の内容を家族に伝えるということまでしてもらえるかどうかは不明です。

介護保険外の民間のサービスは制限がない!

介護保険による通院介助を受けられない場合は、介護保険サービス対象外(有料)の民間のサービスを利用することもできます。
要介護度がいくつであっても利用に制限はなく、通院に必要なことは全てしてもらえます。
介護保険外の民間のサービスでは、看護師が診察に付き添って院内介助をしてくれるというサービスもあり、医師の診察内容を的確に家族に伝えてもらうこともできるようです。
訪問看護の事業所で、看護師による受診同行をしている場合もあるようです。
地域包括支援センターに相談するのもよいでしょう。
民間サービス以外には、例外に、各自治体に定められた条件をクリアしていれば認められることもあるようですので、お住まいの自治体にご相談されてみてもよいでしょう。


この記事をシェアする

トップへ