>

訪問診療の利用条件とサービスの内容

訪問診療の内容は?

訪問診療では、医師による診察、治療、投薬、相談など、病院で行っている診察や治療のほとんどを自宅で受けることができます。
診療計画を立てて、医学管理のもと定期的に自宅に伺い、計画的に健康管理を行います。
サービス内容は、診察、血圧測定、体温測定、点滴、投薬などの治療、血液検査、尿検査、便検査、褥瘡の処置、在宅酸素療法、在宅輸液、経管栄養法、経尿道カテーテル管理、各種ストーマ管理、相談、指導などがあります。
日常的な健康管理により、体調の悪化を未然に防ぐ役割もあります。
24時間対応しているので、緊急時に必要があれば「往診」を受けることもできます。
訪問診療は、医療保険の扱いですが、地域のケアマネージャーや介護施設と連携をとっているところがほとんどです。
また、入院が必要となった場合に入院先を紹介してもらったり、医療機関との連携をスムーズに行うことができます。

訪問診療を受けるには?

訪問診療を行っている診療所は、在宅療養支援診療所として地方厚生局に届け出をしています。
かかりつけ医のある場合はかかりつけ医に相談して、訪問診療を行っていれば依頼することができます。

訪問診療を他の診療所に依頼する場合は、前医に紹介状を依頼するのが望ましいでしょう。
また病院にかかりながら地域の在宅療養支援診療所で訪問診療を受けることもできます。
入院中の場合は病院の地域連携室に相談してください。
在宅療養を行なっている診療所の紹介や、紹介先に病状や療養の情報交換を行なってもらうことができます。

在宅療養支援診療所は検索サイトでも探すことができます。
緊急時の対応も迅速に行えるよう、なるべくお住まいの近くの診療所が望ましいでしょう。
ご自宅で療養中の場合は、ケアマネージャーに相談してください。


この記事をシェアする

トップへ